見学会を終えて

週末、「羽島台の家」完成見学会が開催されました。

好天に恵まれた中、只今お家の計画をされている方、マイホームが完成しているにもかかわらず、見学会には必ず顔を見せてくださるOBの方、その他建築家の仲間達ら沢山の方々に観て頂く事が出来ました。


何やら建築談義に花が咲いている様子。

世代や立場は違えど、「建築がすき!家が大好き!」という共通の想いは、ついさっきまでの他人を、あっという間に仲良しにしてしまうようです。

2日目の夕刻、1年前リフォームをさせて頂いた同じ町内のMさん家族が訪ねてくださり、この家のオーナーHさんに紹介する事ができた、なんて場面も・・・。

最後にこのような素敵な時間を提供してくださったHさんに、お礼を述べたいと思います。

「ありがとうございました」

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

『羽島台の家』完成見学会のお知らせ

今年7月から工事の行われていた「羽島台の家」がまもなく完成します。
この家はFOMES design が敷地から提案させて頂いた、とても眺めの良い家です。
この度お施主さまのご厚意により、完成見学会を開催させて頂きます。

【会場】 倉敷市羽島
【期間】 12月10日(土)11日(日)
【時間】 10:00 ~ 17:00

見学希望の方は、お手数ですが予約の申し込みを こちら からお願いします。
お申し込み頂いた方には、追ってメールにて返信させて頂きます。
※ 誠に申し訳ございませんが、小さいお子様のご入場はご遠慮させて頂きます。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

いよいよ最終日

工事最終日となった「羽島台の家」。

電気屋さん、水道屋さん、シャッター屋さん、外構屋さん・・・
監督の指示のもと、たくさんの職人さん達が入れ代り立ち代り、最後の調整に訪れてくれています。
部屋の中をウロウロしながら隅々に目をやると、コーキングの打ち忘れ、塗装のタッチアップ、清掃等まだまだ今夜も遅くまで掛かりそうですが・・・。

僕のわがままなデザイン変更により、今日になってしまったバルコニーの手摺りも無事ついたようです。


(今朝クレーンを使って、屋根越しに運び込まれた手摺り)

明日と明後日はいよいよOPEN HOUSE 。
ご予約頂いている方々、この景色を是非、その目でご覧ください。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

大詰め

足場が全て外れ、ほぼ完成した姿を現した「羽島台の家」。
工事もいよいよ大詰め、仕上げ段階を迎えています。

只今内部は床の塗装工事、そして外部では外構工事が行われています。
今日は駐車スペースの土間、コンクリートの洗い出しです。

打ち込んだコンクリートが乾く前に、表面のセメントを洗い流し、砂利の姿の覗かせる仕上げ。
定番のように使っている手法ですが、今回も自然なイイ感じになりそうです。

工事期間も残り4日。
クライアントに満足して頂けるよう、目を光らさねば・・・。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

純白

今週一杯で内部の木工事が完成しそうな「羽島台の家」。

外部では左官工事の仕上げ、漆喰塗りが始まりました。
この漆喰と言う材料、塗りたてはスサの成分により少し卵色をしていて、
乾いていく内に紫外線により退色し、純白へと変化します。

< 「あまりにも美しすぎて、足場の撤去が不安・・・」

内部では造り付けの家具が姿を見せ始めました。

現場が少しずつ慌しくなってきています。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

使い易く、美しく

「羽島台の家」の階段が取り付いたようです。

1階リビングから中2階の玄関ホールへ、
また玄関ホールから2階のプライベートエリアへ。

この家のようなスキップフロア型のプランの場合、
1日に何度も利用する事になるのが階段。
また大きな吹き抜け空間の中のリビング階段は、
その部屋の顔とも言うべき大事な存在。

「用が無くともツイツイ上り下りしたくなる」

そんな使い易い、尚且つ美しい階段にしたいものです。

行って帰ってまた折れ曲がる・・・
心配していた難しい手摺りも、上手く納まったようです。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

ナン?

美味しそうなナンでしょ!
出来立てで温かい(ほんと)。
と言うのは冗談で、断熱材のウレタンフォームです。

「羽島台の家」では3日前、断熱工事が行われました。

これは吹付けタイプの断熱材なので、施工後は全く隙間が無くなる優れもの。
解かり易く言えば・・・そう、魔法瓶の中に居るみたい。
吹付けの後発泡時に熱を発する為か、部屋の中は少々暑かったのです。
しかしこいつさえ手に入れれば、一年中快適この上なし!!

外部は防水シートの服をまとい、さながら崖を見下ろす白い亀?(笑)

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

「羽島台の家」上棟

2ヵ月半の長い々基礎工事を経て、
「羽島台の家」が、ようやく今日9/19(大安)
待ちに待った建て方となりました。

台風の影響もあり、天気は朝から曇り。
予報によると、雨が降り出すのは夕刻かららしい・・・
それまでなんとか持ち堪えて欲しいと願うばかり。

朝9時現在、既に2階の床梁設置。

建物本体は木造。
けれど浴室は壁の仕上げがタイル張りの為、FOMES では定番のRC造。
コンクリートの箱の周りに、木造の柱と梁。
寸法、納まり等予定通りバッチリのようです。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

赤ペン

基礎工事に着手し、そろそろ2ヶ月を迎えようとしている「羽島台の家」。

今だ工事は進行中ですが、ようやく建て方の日が9/19(大安)と決定!

その日に向けての準備作業が開始されています。

設計図の種類には意匠図と設備図、そして構造図とあるのですが、その構造図(柱や梁のサイズ等描かれた図面)は、構造計算によって決定される図面なのです。
(現在進行中のプロジェクトは全て長期優良住宅の為、構造計算が必須)

少々小難しい話になるのですが、その構造図を元に、材木屋さんがプレカット図と言う名の施工図(実際の組立図)を描かれ、その施工図を我々設計士が赤ペンでもってチェック。
問題点を調整、訂正され、材木屋さんの設計図として使用されるのです(勉強になったかな?)

とまあ、こういう流れの中、まさに今その赤ペン中・・・

家の大事な骨組み図。
細心の注意で、赤ペン、赤ペン!!

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

怖い?バルコニー

昨日配筋検査に無事合格し、3度目のコンクリート打ちが今日行われた「羽島台の家」。

写真手前に見えるコンクリートの床は、2重なるベタ基礎の下の部分。
その上部に道路の高さでもう1層、ガレージの床として造らなくてはならず、ようやくこれから基礎工事の後半戦に突入って感じ。

西面、バルコニーのデッキ床を支えるコンクリート梁の為の配筋。
180度視界を妨げるものは無く、下は崖!!!
想像通り、気持ちの良い(少し怖い?・・・かなり?・・・)バルコニーになりそうです。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks