暖かな日差し

焼杉板の外壁が、歴史ある商店街にとけ込み過ぎ?
そんな気がしないでもない「笠岡の町家」。

外部の工事はあらかた完成し、内部では壁天井のクロスが貼られています。

「この前建っていた家は、暗くて怖い位だったのに・・・」

階段の吹き抜けからリビングルームに降り注ぐ、暖かな日差しを浴びながらつぶやいたオーナーHさんの一言が印象的でした。

次に来る時はきっと足場も外れて、スッキリとした姿が見れるかな!

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks