天井裏の小屋梁

「一宮の離れ家」

このプロジェクトは20年程前、修行時代の最後の担当物件だった、
母屋と離れからなる当時新築住宅の離れ部分のフルリフォーム工事。
先ず最初の作業、解体工事が始まっています。

住人の代変りの為のリフォーム工事ですが、
せっかくなので構造の見直し、また断熱材の総入替えに伴い、
既存の壁及び床を全て撤去、丸裸にリセットしています。

最も気になっていた天井裏の小屋梁が目の前に・・・
その姿にまずまずの一安心。
設計図の上で保留になっていたファミリールームの天井部分のデザインを、
あらためて要チェックです。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks